英語教材を自分視点で評価するなら

10月 1, 2014

英語を勉強した時に何が自分には重要なのだろう。
無理なく勉強できることだろうか。短時間で上達できるかどうかか。はたまた価格が安いことだろうか。

いろいろあるだろうけれど、自分に合う形で英語が上達できるといいですよねぇ。

腰を据えて英語を勉強しようとした時に、自分が初級者なら初級者でも分かりやすい教材なら「○」だけど、中級者レベルならもの足りなくて「△」になってしまうよね。同じ教材でも評価が分かれてしまう。

中級者が初級者レベルの教材を使っても分かりやすすぎて物足りないけれど基本に戻れるから、損するってことはないけれど、初級者が中級者レベルの教材を買ってしまったら、全く分からなくて英語そのものを嫌になってしまって損してしまうかもしれない。

ロゼッタストーンは良く初心者向けだって言われることがあるみたいですが、上級の方に行くと、それなりにハイレベルだし、そう考えるとバランスのとれた良い教材と言えるのかもね。

また初級者レベルの教材を買いなおしてから先に買った中級者レベルの教材を使ったとしても、切り替えの時期って難しいしね。

英語の評価を見る前に自分のレベルを知ってから英語教材選びをすることがオススメですね♪

Comments are closed.